未経験の薬剤師・心が伝わる

今の病気になる前から同じ病院へ通院しているが調剤薬局との付き合いは10年くらいになる。その間に病院が移転したので調剤薬局も近くに移転したので付き合いはずっと続いている。
自分では歩いていくこともできないので付き添ってくれている妻が薬をもらいに行っている間は病院内の休憩スペースで1時間くらいも待っていることになる。
何もすることがないので眠くなってしまうのは仕方がないことだ。
眠ることによって体の筋肉の緊張が無くなると必ず不随意運動という名の痙攣が始まってしまうので目を閉じていることしかできない。
先日、調剤薬局で薬を待っていると調剤薬局が未経験なのだろうか患者にわかりやすく、大きな声で投薬している姿を拝見した。
目を閉じていても周りでは話し声や子供の声が聞こえてくると気持ちが落ち着いてくる。自分にとっては短い時間だがやすらぎを感じる時間でもある。

誰でも最初は未経験。
しかし、そんなものは関係ない、心地よくなるのには相手を思いやる気持ちだ。
友人の知り合いにも素晴らしい仕事なんだからと話したところ、未経験でもいい職場が見つかったと聞いた。
http://薬剤師求人未経験.com

診療費は安いのだが薬剤費は高いと感じる人は多いのではないだろうか。2年くらい前に退院してからは担当する医師が変わるたびに薬の量は減ってきたが、
医薬品はジェネリック医薬品が無いのでほとんど負担する金額は変わっていない。むしろ少し高くなっているように感じる。

通院は2か月に1回で100mくらいのところにあるバス停や500m以下の場所にある駅まで歩くことができないのでタクシーを利用しなくては病院へ行くことができない。
車の運転は不可能になったので免許証を返納して運賃は1割の割引を受けられるようになったが、薬剤費を含めると平均して月に1万円以上は使っていることになる。
今年の4月から脳神経内科の部長が担当することになったが、診察の時に医師の方から障害者手帳を作りましょうと言われた。4月中に障害者3級の手続きに必要な診断書が送られてきて役所で手続きを行ったが、
役所で発行までに最大2か月くらいかかると言われたそうで役所の手続きの遅さをつくづく感じました。

障害者手帳があると薬剤費を含む医療費の負担が軽くなるので心待ちにしているところです。病気は確実に進行しているため朝になって目が覚めたときには体が固まった状態になっています。
腰から背中までの筋肉が固くなっているのでベッドの上で少しずつ体を動かしていかなければならないので、長い時にはベッドから起き上がるのに40分くらいかかることがあります。
でも悲観的には考えていません。どんなことも慣れていくうちに必要以上に負担には感じなくなります。私にはパソコンがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です