月次アーカイブ: 4月 2017

最近、個人経営の医院では、ほとんど処方箋薬を提供しなくなった。大抵の場合、病院のすぐ隣とか、お向かいに小さな処方箋取扱薬局が建っている。パチンコ屋と景品交換所のごとくだ。

また、病院の会計時にお願いすれば、その薬局に処方箋をFAXしてくれたりもする。待ち時間を短縮するためのサービスだろう。私もいままで、当然のようにお隣の処方箋薬局でお薬を購入して、スタスタと帰っていた。

しかし、私の賢い友人は、一味違っていた。お隣の処方箋薬局はあえてスルーして、近所のドラッグストアで処方箋薬を購入していたのだ。(ちなみに彼は薬剤師である)「なるほど!その手があったか。」と思った。
確かに、ドラッグストアで購入すれば、ポイントが貯まるではないか。これは、盲点だった。今までの私はなんて愚かだったのだろうか。お薬代、高かったのに。

しかし、早々にリベンジのチャンスが訪れた。花粉の季節到来だ。私も毎年もらっているアレルギー性鼻炎を抑える薬の処方箋を持って、いつもの処方箋薬局をスルーしてやった。目指すは、近所のドラッグストアだ。ポイントカードも装備済みだ。

ドラッグストアの自動ドアを通過し、
「ふふふっ、勝ったな(買ったな)。」
と、ほくそ笑みながら、処方箋を薬剤師風店員に手渡した。(や、たぶん薬剤師だろうけど)

いや、ちょっと待て!”時間外料金が発生する場合があります(夜間土日加算)”と書いてあるではないか!

なんということだ!今日は土曜日の午後ではないか?加算料を聞いてみたが、ポイントどころではない。オーマイガー!
『策士、策に溺れる。』とは、このことか!

仕方がないから、翌月曜日に出直すこととしよう。と思っていたが、「ちょっと待てよ。処方箋って有効期限がなかったか?」確か、3日間だったよな。ギリギリセーフだ。ふー。

そんなこんなで、ようやく、月曜日にめでたく、お薬とポイントをゲットすることができた。早速、友人にそのことを報告したら、
「ちゃんと、ポイント5倍デーを逆算して、処方箋をもらわないとダメじゃん。」
とダメ出しされてしまった。

う~ん。処方箋薬も、奥が深い。
ちなみにこの友人の薬剤師、地方の方が稼げる!と東京から地方へ移住しました。しっかりしてるなぁ【薬剤師 求人 地方